hiyokoboysの日記

読んだ本を紹介していくブログです。

田中君はいつもけだるげ (第4巻)

田中君はいつもけだるげ第4巻

 

いつもけだるげな田中君。

しかし、行内のイベント「マラソン大会」には参加しなくてはいけません

いかに回避するかを考える田中君。

 

そんな田中君を見て、太田君の一言

「一番ラクなのは、【余計なことを考えず普通に参加する】だな」

「俺からしてみれば、うまくいくかもわからん卑怯な手をあれこれ考えるほうがよっぽど面倒だ」

「楽をしようとして、痛い目を見るということはよくある・・・」

「人生きちんとやることやった方がかえって面倒でなかったりするぞ」

 

いいこと言いますね

太田君。

結局最後は、正攻法がいいのかもしれませんね。

 

この巻は、もう一ついいセリフがありました。

田中君と仲良くなりたい、委員長の白石さん。

けれどなかなか思うようにいかず、少し悩んで独り言

「努力して、勉強して、あきらめなければ」

「何だって何とかなると思ってたし、何とかしてきたけど」

「人の気持ちはそうもいかないんだな」

「がんばっても解決しないことって、どうやって乗り越えたらいいんだろう」

 

その独り言を聞いていた田中君こう返します

 

「・・・そんなの簡単じゃん」

「頑張ってもだめな時は、【頑張らない】」

「・・・詳しいことはわからないけどさ、

 別に失敗してもいいんじゃない?」

「だってほら、今日がだめでも明日があるし」

「何ならあさってでもいいし、

 もしかしたら1年後には解決するかもしれないし」

「今はどうしようもないことでも、

 人生この先長いんだからそのうち何とかなるなる」

 

田中君もいいこと言ってますね!

今後の展開が楽しみです♪